当クリニックで出来る予防接種
推奨スケジュール
印をクリックすると 説明書をダウンロードできますので、事前にお読みください。
印をクリックすると 予診票をダウンロードできますので、あらかじめご記入の上、お持ち頂けるとより早く手続きが進みます。
よくあるご質問 ネット予約
| 当クリニックで出来る予防接種 | 注意事項 | ワクチン接種の重要性 |

▼青年用三種混合ワクチンTdap (百日咳、破傷風、ジフテリア)について▼

※ 海外渡航の方は電話(0564-28-2400)にてご予約ください ※

【予約前の注意事項】

このワクチンは定期で行っている四種混合ワクチンと異なり、年長児により安全に接種する三種混合ワクチン(百日咳、破傷風、ジフテリア)です。
接種できる方
海外留学・海外渡航で11才以上の方。 (米国では入学するには接種が求められます。)
三種混合・四種混合ワクチンを規定年齢内に接種できずに7才半以上になってしまった方

ご不明な点は当クリニックへお問い合わせください。

▼岡崎市では2016年8月1日からロタワクチンの補助が始まりました。▼

(2016年6月1日生まれ以降のお子さんが対象になります。)
【予約前の注意事項】 をご確認の上、他のワクチン同様、こちらから予約して下さい。

【予約前の注意事項】
ロタワクチンには 2種類のワクチンがあります。
種類により接種スケジュールが異なり さらに 途中でワクチンの種類を変更できない のでご注意下さい。

◆接種料金(公費補助差し引き額)
ロタリックス・・・ 1回 11,500円
ロタテック・・・ 1回 8,500円
非課税世帯と生活保護世帯は全額補助となりますが、事前の手続きが必要です。
保健所にお問い合わせ下さい。

◆それぞれのワクチンの特徴
1価ワクチン(ロタリックス)・・・2回接種が必要
1種類のヒトロタウイルスを弱毒化した生ワクチンで、よく増殖することから幅広い効果が期待できます。

5価ワクチン(ロタテック)・・・3回接種が必要
ウシロタウイルスとヒトロタウイルスの「あいの子」ウイルス5種類の混合ワクチンで幅広い効果を期待したものです。

現在両ワクチンとも世界的にいずれも高い効果をあげています。
いずれのワクチンも生後6週から接種(経口)ができ、4週間隔で2回または3回接種します。
接種できる期間が短いので、初回は生後2か月、遅くとも生後3か月半過ぎ(生後14週6日)までに受けて下さい。
以前に腸重積を起こした、または腸重積症を起こしやすい腸の病気のお子さんは受けることができません。
生後2か月になったらヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどと同時接種で受けることをお勧めします。

▼岡崎市では2016年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種になりました。▼

B型肝炎ワクチンが 2016年10月1日から定期接種 になりました。
(2016年4月1日生まれ以降のお子さんが対象です。)

詳細は岡崎市のオフィシャルサイトをご覧ください。
また、当クリニックの「よくあるご質問」ページもご参照ください。

岡崎市・幸田町在住の方で接種券をお持ちの方は無料で受けられます。
 麻しん、風しん、麻しん風しん混合
   
 水痘(水ぼうそう)
  水ぼうそう予診票
 BCG
   
 不活化ポリオ 不活化
   
 二種混合 不活化
二種混合説明書 二種混合予診票
 四種混合 不活化
   
 日本脳炎 不活化
日本脳炎説明書 日本脳炎予診票
 ヒブ 不活化
ヒブ説明書 ヒブ予診票
 小児用肺炎球菌(注1) 不活化
肺炎球菌(7価)説明書 肺炎球菌(7価)予診票
 HPVガーダシル (子宮頸がん) 不活化
子宮頸がん(ガーダシル)説明書 子宮頸がん(ガーダシル)予診票
 B型肝炎 (2016年10月〜) 不活化
B型肝炎説明書 B型肝炎予診票
※詳しくは岡崎市のオフィシャルサイトをご覧ください。
※麻しん風しん混合ワクチン3期・4期は平成24年度で終了となりました。
(注1)平成25年11月1日から7価から13価に変わりました。
以下のワクチンは有料となりますが、できる限り接種をしておくことをおすすめします。
 おたふくかぜ 原則2回
(2回目は小学校入学前)
  おたふくかぜ予診票
 ロタウイルス 2回(ロタリックス)  
 ロタウイルス 3回(ロタテック)
ロタウイルス説明書 ロタウイルス予診票
 インフルエンザ 不活化 小児は原則2回
インフルエンザ説明書 インフルエンザ予診票

海外渡航のためのワクチン
 A型肝炎 不活化 3回
A型肝炎説明書 A型肝炎予診票
 B型肝炎 不活化 原則3回
B型肝炎説明書 B型肝炎予診票
 破傷風トキソイド 不活化 状況による
破傷風トキソイド説明書 破傷風トキソイド予診票
 二種混合 不活化 状況による
二種混合説明書 二種混合予診票
 四種混合 不活化 状況による
   
 日本脳炎 不活化 状況による
日本脳炎説明書 日本脳炎予診票
 青年用三種混合ワクチン Tdap 不活化 ご希望の方は電話にて
お問い合わせ下さい。
青年用三種混合ワクチン Tdap 説明書 青年用三種混合ワクチン Tdap 予診票
 髄膜炎菌(メナクトラ) 不活化 ご希望の方は電話にてお問い合わせ下さい。
※その他、スケジュールについても相談に応じます。
(当クリニック対応困難な場合、名鉄病院予防接種センターへの紹介もいたします。)

B型肝炎母子感染予防に対するB型肝炎ワクチン等


予防接種は予約が必要です。予約はこちら>>>
海外渡航の方は電話(0564-28-2400)にてご予約ください。
ロタワクチンには 2種類のワクチンがあります。
種類により接種スケジュールが異なり さらに 途中でワクチンの種類を変更できない のでご注意下さい。
おたふくかぜワクチンの2回目の接種は小学校入る前、水ぼうそうワクチンは1回目接種後、半年から1年後が目安です。
BC G接種日は水曜日と金曜日です。

インフルエンザワクチン外来では他のワクチンと同時接種は出来ません。
一般予防接種外来では、希望によりインフルエンザワクチンの同時接種(可能な場合)を行います。
予防接種の時間帯で来院がむずかしい方は、事前にご相談ください。
母子手帳・予防接種券(公費・補助のある場合)・診察券・保険証を持参して下さい。
調子の良い時に接種しましょう。体温が37.5℃以上あるとき、体調の悪いときの接種はお勧めできません。家で必ず体温を計ってきて下さい。
接種期限をご確認下さい。推奨スケジュールはこちら>>>
病気になった後に予防接種をする場合の時期をご確認下さい。
 治癒後4週間程度あけるもの 麻しん
 治癒後2〜4週間程度あけるもの 風しん、おたふくかぜ、水ぼうそう、溶連菌感染症
 治癒後1〜2週間程度あけるもの 突発性発しん、手足口病、ヘルパンギーナ、インフルエンザ、咽頭結膜炎(プール熱)、伝染性紅斑(りんご病)、単純性ヘルペス感染症、マイコプラズマ肺炎など

 川崎病でガンマグロブリン投与後
 6か月以上あけるもの

麻しん、風疹、水痘、おたふくかぜ
他のワクチンとの間隔をご確認下さい。
  ワクチン種類 他のワクチンまでの間隔
生ワクチン

BCG、MR(麻しん/風しん)、おたふくかぜ(ムンプス)
水ぼうそう(水痘)、ロタ

4週間(27日あける)
不活化ワクチン

三種混合、四種混合、ヒブ、肺炎球菌、日本脳炎、
二種混合、子宮頚がんワクチン、インフルエンザ、
B型肝炎、A型肝炎、破傷風、不活化ポリオワクチン

1週間(6日あける)



ワクチンで防げる病気を『VPD』と呼びます。
そもそも、かかると今でも治療が難しくて、命にかかわる病気だからこそ、『ワクチン』が作られたのです。子どもたちを守るため、まずは正しい情報を知っていただきたいと考えています。
下記ホームページでは 『VPD』 を分かりやすく説明しております。是非ご参照ください。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
このページのTOPへ
 
     
  キッズギャラリー